2007/11/26 月曜日

乳製品を手作りしよう!生クリーム編

カテゴリー: 牛乳 — 夕張創造舎 @ 15:43:42

こんにちは。ケイコリンです

乳製品にはいろんな種類がありますが、生クリームが原材料になっていることも多いようです。
ということで、第1回は生クリームに決定!

生クリームの作り方を調べてみると、「生乳遠心分離機にかけてクリームと脱脂乳に分離させ・・・」
・・・え?遠心分離機なんて大げさな機械が必要なの??
ここですでに挫折しそうになったケイコリンでしたが、さらに調べてみると「牛乳ノンホモジナイズドのもの)を静かにおいておくと脂肪分は軽いので上に生クリームが浮かんでくる」とのこと。
ずいぶんとシンプルな方法ですが、今回はこの方法でやってみたいと思います。

まずは、ノンホモジナイズの牛乳を買ってきました。
img_0679-s.JPG
ためしに飲んでみたところ、さっぱりしているけど風味が豊かな感じ。においや後味はありませんでした。

後でクリームをすくいやすいように口の大きなビンに移します。
img_0680-s.JPG
そして、そのままそっと1日寝かしました。

1日経ったものがこちらです。
img_0683-s.JPG
・・・ええと、どこまでが牛乳でどこからがクリームですか?

一応、上澄みをすくってみたりします。
img_0685-s.JPG

なんかモロモロしています。思っていたものとは違う感じ・・・。なめてみると牛乳よりずっとクリーミーな風味。でもコレは生クリームじゃないと思う!
どうして?寝かせた時間が足りなかったのか、動かしすぎてしまったのか・・・?
それとも、そもそも置いておくだけでは生クリームは出来ないのか?!

次回はちょっと条件を変えてみてリベンジですっ!!!

 

2007/11/14 水曜日

馬と牛の関係

カテゴリー: その他 — 夕張創造舎 @ 15:28:27

img_0058.JPG

今日は秘書のケイコリンが多忙のため、社長のエンディ自ら最近の近況などのご報告を。

酪農や牛のことを勉強していると、よく馬との対比がされることがあります。曰く「馬の糞は草に最高だが牛のものは・・・」とか。「牛は4つの胃を持つのに対し馬は・・・・」とか。

そんなこともあり一度は馬に触れてみたいということで、俺とケイコリンの2人でやって来ました!北海道日高の新冠
( ↑ 嘘です男女それぞれ2名の計4人)

ポニーに300回乗馬経験のあるAraichanを除くと(これも嘘)、みんな全くの初心者。それでも最初のレッスンを受けた後は林の中を2kmもトレッキングに出かけることが出来ました。

ちょっと寒かったですが海が見えて気持ちよかったです。

エンディが乗った「ブレーヴ」さんとケイコリンの「シンフォニー」さんはとっても仲がよく、ちょうど良いツーショットを撮ることが出来ました。

少々お年寄りのお馬さんですがみんな穏やかな馬で、大型動物特有の可愛らしさは牛ともよく似ていました。

img_0015-s.JPG

なお前日は千歳にある箱根牧場にも立ち寄って来ました。
上の画像はケイコリンとブラウンスイスの赤ちゃんとの対面です。
(もしかするとジャージーかも)

↑ジャージーだそうです。(ますこ牧場の増子さんよりご指摘頂きました)

2007/11/5 月曜日

第1回牛乳飲み比べ

カテゴリー: 牛乳 — 夕張創造舎 @ 14:49:47

はじめまして!エンディです。
endy.JPG俺は今、北海道のあちこちの牧場に行ってるんだけど、酪農の世界は本当に奥深いものだと痛感してるんだよね。まずは消費者として牛乳のこと、乳製品のこといろいろ知りたいと思っている。
そこで秘書のケイコリンに協力してもらって飲み比べ、食べ比べをしたり
自分たちで実際に乳製品を作ってみたりすることにした。

まずは最初に牛乳飲み比べからスタート!!!

エンディ社長から、ただいまご紹介にあずかりました秘書のケイコリンです。
keiko.JPG突然ですが、
ホモジナイズ、ノンホモ・・・
何のことだか分かりますか?
エンディ社長によると、ホモジナイズっていうのは牛乳中に含まれる脂肪球を細かくする処理のことで、これを行った牛乳はホモ牛乳と呼ぶのだそうです。ノンホモ牛乳というのは、このホモジナイズをしていない牛乳ですね。今、流通している牛乳のほとんどはホモ牛乳なのだそうです。

それでは、ホモ牛乳ノンホモ牛乳を飲み比べてみようじゃないか!
ということになりました。
今回はノンホモの中でも、日本で唯一、加熱をしないで飲める搾ったままの牛乳で、特別牛乳(乳等省令に定められた規格・基準に従って製造されたもの)に指定をされている『想いやり牛乳』
img_0657-s.JPG
を取り寄せて、

近所のコンビニで買ってきたフツーの超高温殺菌の牛乳
syu_img_0660-s.JPG
と飲み比べてみました。

参加者は30代から40代の男女8人です。
img_0668-s.JPG
超真剣に牛乳を飲む人たち(笑)
どちらの牛乳かを隠して飲んでいただきましたが、結果、正解者は8人中5人でした。
(ちなみにエンディ社長は正解!)

『想いやり牛乳』の感想は、
さっぱりとした飲み口
匂いがない
自然なうまみ、甘みがあるような気がする
フツーの牛乳のほうは、
・匂いが強い
・後味が残る感じ

img_0666-s.JPG

不正解者も「これは間違いない!絶対当たり!!」と自信満々だったのですが、搾ったままの牛乳は濃厚だろう、というイメージからのようですね。
確かに、サラッとしていて匂いもないのに驚きました。ゴクゴクたくさん飲める感じ。
『想いやり牛乳』を飲んだ後には、フツーの牛乳は何か口の中に残る感じがして飲みずらかったです。

次回は、特別牛乳低温殺菌牛乳超高温殺菌牛乳の3種類の飲み比べを予定しています。

以上、ケイコリンでした♪

次のページ »

Powered by 株式会社 夕張創造舎 & 株式会社 エルゼウス