2008/1/30 水曜日

チーズ初級講座【3回目】

カテゴリー: チーズ — 夕張創造舎 @ 12:11:48

チーズ初級講座の3回目、今回のテーマは『チーズができるまで』です。

非加熱圧搾タイプの作り方などを説明してもらってから、その場で簡単なチーズを作りました。

まずは、ヨーグルトをコーヒーのドリッパーに入れて水分(ホエー)を取り除くというもの。
20080129fromage03-003-s.jpg
この状態で3時間くらい置いておきます。少し時間がかかりますが、さっぱりした風味でお料理にも使えそうです。

次は、牛乳に塩を加えて50℃くらいまで温めてからレモンの絞り汁を加えてカッテージチーズを作りました。簡単にできて食感もフワフワで美味しかったです。
今回は牛乳500mlからこぶし大くらいのカッテージチーズができて、350ml~400mlくらいのホエーが残りました。
これが出来上がったカッテージチーズです。
img_0909-s.JPG
このチーズの生産過程で大量にできてしまうホエーの処理が問題なっているのだそうです。ホエーパウダーや豚の飼料として使われたりもしているそうですが、もっといろいろな場面で活用されると良いですね。

さて、今回の試食では山羊のチーズがでました。じつはワタクシ、山羊のチーズは苦手です。なのに3種類も用意していただいていました・・・。
img_0907-s.JPG
下の3種類が山羊さんです。

せっかくなので頑張ってチャレンジです!
結果、1番最初に食べたのは山羊さんの主張を強く感じて食べ終わった後にも口の中にずっと山羊さんの存在感が残り続ける感じでした。好きな人にとってはこの風味がたまらないのでしょうね。その後の2種類はハーブの香りがするものやコクのあるもので、うん、大丈夫、むしろ美味しい?という感じです。

少しずつですが、山羊のチーズの美味しさに目覚めてきました。山羊のチーズにはまる日も近い!・・・かも??

2008/1/23 水曜日

チーズ初級講座【2回目】

カテゴリー: チーズ — 夕張創造舎 @ 11:32:59

チーズ初級講座の1回目は諸事情により欠席してしまったケイコリンです。今回2回目に参加してきました。

2回目のテーマは『世界のAOCチーズとチーズ事情
フランスのAOCとは、国内の伝統的なチーズの製法や技術、すぐれた品質に対し、法的に保護や規制をする制度です。EU加盟国でもEUレベルの制度としてPDOという同様の制度が導入されているそうです。

AOC認定のチーズは必ずAOCマークが付いているので、これからチーズを買うときは確かめてみなくちゃね!

試食では数種類のフレッシュチーズと白カビチーズを食べましたが、その中でAOCに認定されている無殺菌乳カマンベール・ド・ノルマンディとAOCではない殺菌乳カマンベールを食べ比べてみました。

20080122fromage02-s.jpg

右上がカマンベール・ド・ノルマンディ、その左隣がカマンベールです。

無殺菌乳カマンベール・ド・ノルマンディはとっても深くて複雑な味わい、菌ったらいい仕事したじゃない!という感じ。殺菌乳カマンベールはおだやかで食べやすい味でした。

日本では無殺菌乳のチーズの製造は出来ないということでしたが、すごくもったいないですよね。

2008/1/22 火曜日

チーズ講座に通います

カテゴリー: チーズ — 夕張創造舎 @ 11:44:06

更新が遅くなってしまいましたが、
年明けよりチーズ講座の初級コースに通うことになりました。
今年は少し本格的にチーズのことを勉強しようと思います。

初回は画像の様なチーズの試食をしましたが、
味を決める要素としての脂肪分の割合が重要であることが実感できました。
またプロセスチーズとナチュラルチーズの両者を食べ比べをすることでその違いを痛感しました。

by Endy

20080115-s.jpg

 

次のページ »

Powered by 株式会社 夕張創造舎 & 株式会社 エルゼウス